知の森・学力の樹

丹波篠山市教育委員会では、子どもたちに育む学力を1本の樹にたとえ、「学力の樹」として捉えています。特に、目に見える学力を支える「根っこ」に注目し、根を培う土壌としての子どもたちの学びの環境のあり方について考えています。

一人ひとりの「学力の樹」を育むと同時に、学校、家庭や地域と連携して、丹波篠山市の「知の森」を大きくしていく取組を進めます。

タイトルとURLをコピーしました